歴史の偉人も愛用していた高麗人参

高麗人参は現在、多くの方が健康のために利用されていますが、古くは一般の方々は利用できず、位の高い貴族や皇族以外食すことができない食事だったといいます。
中国や韓国でも皇帝や皇族たちが利用し、その高い効果は実際に利用していた方々によって広められていきました。

数千年前から利用されてきたといわれる高麗人参を愛した歴史的偉人というと、秦の始皇帝が有名です。
秦の始皇帝は山の奥深くに自生する高麗人参は特殊なものと考えており、健康維持、体力維持のために深く愛し利用してきたと言います。

日本では時代劇でもおなじみの八代将軍徳川吉宗が人参の栽培を推奨していたという歴史があります。
吉宗は多くの人たちがこの栄養価豊かな人参を栽培するようにと、幕府から種を配給していました。
この幕府から配給されるという事から、御種人参という表現が今でも残っています。
御種人参、朝鮮人参、いずれも高麗人参の事を指している言葉です。

多くの偉人、歴史的人物が高麗人参を実に大切に扱ってきていますが、栄養価を取りにくかった時代に、まさしくこの人参は夢のような効能を持った栄養価の塊だったのでしょう。
徳川家も珍重してきた高麗人参は、今、手軽に手に入れることができ、その効能を実感できる健康食品等で購入できます。
健康生活に活かしていきたいものです。