高麗人参を原料として作成してある飲み物

高麗人参は生で食べると土臭く、とてもおいしいと感じるものではありません。
そのため、加工、調理したものを利用するのが一般的となっています。
スープ料理である参鶏湯は韓国料理店でもいただけますし、最近は参鶏湯用の食材がセットになって売られていることもあるので、家庭で頂くという方も多くなっています。

では高麗人参の飲み物というとどんなものがあるでしょう。
まず、高麗人参を蜂蜜につけておいてそのエキスが溶け出した蜂蜜をお湯で割り、レモンなどを絞ってお好みの味にして飲む、という方法があります。
風邪予防や体がだるい時などに効果的です。

大人の方は焼酎に高麗人参をつけて数か月おき、それをお湯割りや水割りにして飲むという方法があります。
高麗人参の苦みが気になるという方は他のフルーツを入れて作るとおいしい果実酒になります。
お湯割りで飲むと体の芯から暖まり、寒い季節ぴったりです。
このお湯割りと参鶏湯でいっぱい!なんて最高の組み合わせになります。

最近は粉状に加工されたものも販売されているため、青汁に混ぜて飲む!という方もいます。
食物繊維と共に良質な栄養素が摂取できる飲み物になりますが、飲みにくいという場合、抹茶入り青汁やレモン風味の青汁、また蜂蜜などを混ぜて飲むといいでしょう。