高麗人参を採取できる場所

高麗人参は現在、日本でも一部生産しているところがありますが、やはり上物の高麗人参を作り上げるという点で有名な産地は韓国、中国などです。
古くから高麗人参が自生するとして知られている地域で、現在は広大な敷地を利用し栽培されています。

韓国の中でも有名な高麗人参の産地としては、錦山、「クムサン」と呼ばれる地域で、高麗人参の栽培が非常に盛んです。
この地域で栽培された高麗人参は最高級と呼ばれる品質を誇るものが多く、高麗人参のほかにもさまざまな人参が栽培されている地域でもあります。

クムサンで作られているものは、自生するものとかなり近く、成分などの質が非常に高いことで知られています。
高麗人参を作るためにふさわしい土地で、このクムサンという地域を訪れると、韓国で作り出しているすべての人参の種類を見ることができるといわれるほどです。

日本でも、長野県、福島県、島根県などで栽培がおこなわれていますが、韓国ほどの種類はなく、約8種類くらいという事です。
日本国内で利用される多くが韓国や中国産のものです。
韓国にはクムサンのほかにも、多数の栽培地域があり、豊城(ブンギ)という地域のものなども有名です。
どこで栽培されたものか、産地をしっかり確認して購入しましょう。