仙薬として愛されている高麗人参

中国や韓国は薬物療法として古くから漢方の考え方を持ち、様々な症状の改善に活かしてきました。
薬物療法がおこなわれ始めた当初は、呪術的要素が強かったとされており、その呪術を行った役割を持つ方々の中から、のちに医術として薬物療法を行うようになっていったという歴史があります。

高麗人参は数千年前から、滋養強壮にいい、疲労回復効果があるとされ珍重されてきましたが、医学的に利用されるようになったのは、2000年くらい前といわれています。
ただ、当時の方々が、高麗人参に人の体に有用な働きがあると知り、病気の症状の改善等に利用してきたと考えると、古くから高麗人参がいかにその効果を発揮してきたか理解できます。
生薬として現在も利用されることが多い高麗人参は漢方の原料として欠かせないものとなっています。

漢方として利用され始めた2000年ほど前の文献を見ると、医学関係の文献に高麗人参が記載されています。
その中で、高麗人参は仙薬、もしくは霊薬と称され、当時、その薬効あらたかな高麗人参について、最大限の評価がなされていたことがわかります。
一般の方は到底手に入らず、位の高い権力者以外、高麗人参を利用できなかったというのも、こうした文献での高い評価を見ると納得です。

仙薬とは、飲めば不老不死の仙人になる事ができるとされる薬という意味です。
霊薬も仙薬と同じ意味を持ちます。
西洋医学などが普及していない世界で、仙薬と呼ばれるほどに高麗人参は明らかな効果を持っていたのです。