有効成分を含んでいる高麗人参について

日々の健康のために、健康なまま年齢を重ねていくために、高麗人参は古くから利用されてきました
食用として用いる場合もありますが、高麗人参に含まれている有用成分が人の体にいい効果を与えるという事がわかってからは、健康食品などに利用されてきています。

炭水化物、アミノ酸、核酸類、さらには各種ミネラルなど様々な質の高い成分を含んでいますが、中でも注目なのがサポニンです。
高麗人参特有といわれる特殊なサポニンを豊富に約40種類も含んでいます。
このサポニンはジンセノサイドと呼ばれ、毒性も習慣性も副作用もない実に優れた成分なのです。

ジンセノサイドにはジオール系とトリオール系に分かれています。
トリオール系とジオール系がバランスよくあることで、自律神経のバランスが整い、様々な効果が見込めます。
例えばジオール系のジンセノサイドRb1については、中枢神経抑制、睡眠効果、鎮痛、精神安定、コレステロール生合成促進作用などがあります。

ジンセノサイドRb3は神経細胞保護や心臓機能障害改善の効果が見込めます。
トリオール系では疲労回復効果、記憶学習機能の改善、DNAやRNAの合成を促進する等の働きを持っています。
これらの有用な成分が高麗人参には豊富に含有し、私たちの健康に一役買ってくれるというわけです。